Entry Navigation

[Movie]ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE を見てきました。

見たかったのもあるが、暇が出来たから行ったというほうが大きい。
結果的にメンズデーで1000円だったから良かった。

前作はテレビスペシャルということもあり、家にいながら見れたけど、今回は行かないと駄目ですからね。

人の入らない映画館に行ったわけですが、予想では3人くらいかなって思いましたが、20人くらいいたな。

大体カップルか女二人。
男一人も何人かいたし、結構年配の人もいた。そういう人はルパンが好きなんだろうなって思った。僕もだけど。

一応ネタバレ含むんで続きに書きますが、誰も見てないと思います。
スポンサーサイト
category
Movie

[Movie]貞子3D2

貞子3D2見てきました。

いつも通り、長文を書くと間違って戻るボタンを押してしまうね。

もう面倒なんで簡略にします。

ちょっとだけネタバレ含みますー。

まず1を見てからのほうがいいと思う。
1見てないからわかんないけど、ところどころわかんない設定とか出てきた。
1見たからわかるとも限らないけど。

スマフォ連動――これ、ちょっと面倒というか疲れる。
結局、スマフォに気を取られている間にも話は進んでいるので、個人的には微妙かなあと。
大した仕掛けがあるわけでもないし。
前のカップルがやたらと携帯見せあうから、自ずと視界に入ってしまい困った。
連動してるときもストーリーは進んでるからね。
ただ、それを見てればいいやって思ったから、特徴である写真とかそういう場面で残るものを一つも残せなかった。

客が少ないからか、日本人の特性か、音を最大にしろって言われてもしてる人は少なかったっぽい。
まあ、10人もいなかったからそんなもんかとは思った。
満員で全員マックスだったらうるさ過ぎてやばいと思う。

貞子はホラーの中でもコメディ色が強いといわれているらしいが、本当にそうなんだなあと。
何も考えないで見ればいいんだろうけど、どうしてもおかしな部分を探してしまう。
そうするともう、何がなんだか……
とにかく電気つけろよとか思ってしまう。

あとフラグがバレバレすぎて、こいつ絶対死ぬわっていうのがわかる。
まあ、死ぬのは前提で、その過程の問題なんだろうけど。

瀧本美織が非常に可愛かった。これだけは評価に値する。
役者は全体的に良かったと思う。メインもサブも子役もしっかりしてた。

これは仕方ないことだけど、とにかくうるさい。音が。
内容より大きな音で驚く。

緊張感のあるシーンっていうのが個人的には一箇所だけで、あとは急に出てきてものすごい音で驚くという感じ。

最後のほうは良い話にしようとして間違ったほうに進んでいった。
貞子の魂がもっと腹黒くても良いと思うのに、いつでも続編作れますよみたいな終わりにするからちょっと中途半端だった気がする。

メインキャラ全員殺すか貞子の怨念打ち切るかきらいはっきりしてもらわないと煮え切らない。

死ぬだろうフラグ――複線は多かったが、ストーリー上の複線は非常に少ない。
というかすぐに回収して話的にはすごい簡略。
のわりにホラー要素が満載ってわけでもないから困った。
焦らして焦らして何もない。とか、ゾンビ化してこんなんになるのかって思ったら夢落ちとか。
夢落ちは○○先生が禁止してからタブーなはずなのに!!!

序盤と終盤で矛盾する点もいくつかあった。
個人的には結構致命的な矛盾だと思ったんですけどね。

正直な話、ありきたりなホラーシーンでお茶を濁した感じがある。
スマフォ連動を売りにした分、それがなかったら売る部分が一つもないように思えた。

恐怖というよりほんと、驚くっていうほうが強い。
もっと緊張感があってもよかったなあと思う。

意外と長くなったけど、結果的にメガネ込みで2200円は高い。という結論。
あと長い。ちまちまと長い。

30分削って1000円が妥当。という辛口評価をしてみるが、人それぞれといったら元も子もないが、人それぞれ。

ホラー好き、映画好きが見るよりカップルでワーキャー良いながら見るのがちょうどいい作品だと思う。

category
Movie

[Movie]ドラゴンボールZ 神と神

ドラゴンボールZ 神と神 BATTLE OF GODS を見てきました。

久しぶりの映画館ということもあり、なかなか楽しかったと思います。
客の入りはそんなによくなかったように思いますが、平日の昼間だったので、こんなもんかという感じで50人くらいでした。

子供がほとんどいなかったですね。
一人で見に来ている方も結構いましたし、女性の方も結構いたかと(予告の銀魂でryな人

やはり層は20~40といったところでしょうか。
大学生っぽいグループが多かったかな。

前評判をあまり知らなかったし、予告とかもしっかり見たわけではないのでほぼ無知な状態。

ドラゴンボール初見という人はあまりいないでしょうが、そういった人が見る分にはかなり辛い作品だと思いましたね。

内容のほうに踏み込むと大満足……とは言い難いかも知れませんが、僕はよかったと思います。
一緒に行った方は終了後、終始不満そうでしたが。

バレを含むので、続きのほうに色々書いていきたいと思います。
category
Movie

[ニコニコ]宗教戦争

タグがやばい



僕は能登派だ。
category
Movie

[映画]容疑者Xの献身

劇場で見ましたが、今回は再度見たので報告までに。

劇場のときはブログを放置していたので、書きませんでしたすみません。

東野圭吾先生の作品は好きで、この作品も原作で読んでいました。

しかしまあ、福山雅治と柴咲コウは好きなので、ドラマも楽しく見てました。

これの前に書いたクライマーズハイにも出ている堤さん。
これ、クライマーズハイの次にに見た映画なのですが、当時、
「堤さんまた山登ってるよ」と思ったものです。

それにしても、天才の話を書ける人は天才というのがわかります。

映画とは少しずれますが、文章は文系なのに、書いていることは理系。
流石としか言いようがありませんね。

「よかった。最高だった。」

小説
容疑者Xの献身 (文春文庫)

映画
容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
category
Movie