[Soccer] 日本代表vsウズベキスタン W杯最終予選

終了しましたね。

日本 1 : 0 ウズベキスタン

辛くも勝利という感じでしたが、結果が全てということで。
岡崎の執念の1点が勝利の決め手でしたが、大久保の動きも良かったと思います。
ただ大久保が動いて、ボールにプレッシャーをかけると、ファールが心配になるのは僕だけだろうか…

中盤のショートパスを完全に狙われてましたね。
あれができないと、キープしながら、ドリブルしちゃうから、結構取られていたような。

この試合は中沢の重要度を知らしめた感じになった気がします。

終盤、中村(俊)と遠藤の足が止まってましたけど、この二人には負担が大きすぎると思います。
何処にいるんだよとばかりに前に後ろにと…
FKは中村という世界のイメージを覆して、遠藤でもいけるっていうのは見せたと思う。

アウェイの洗礼という言葉をこの試合で使わなくて何処で使うんだマスコミ…

カードですぎじゃないか…
中村、遠藤、長谷部と主要メンバーにどんどん出て、最終的に長友にレッドカード。
あれも一発で出すほどじゃないと思うけど…倒れ方がわざとっぽいし。
さらに監督まで…
最後のインタビューで監督も中村も審判批判するはずだよ…

笛の前の楢崎がベテランだったなあ。
ボールを一回はじいて時間を稼ぎ、ギリギリまで、蹴らずに試合終了。
まあ蹴っても終わってたと思いますけどね。

監督の言ったタフさという言葉、ぴったりだなと思いました。
闘莉王よく我慢した。

こういう試合ではスピードあるドリブルのうまい松井の存在が重要になるのに、残念。

消化試合だけど、やっぱり後2試合も負けてほしくはない。






人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
category
News
genre
スポーツ
theme
サッカー日本代表

Comment

Trackback

http://darkinvitation.blog101.fc2.com/tb.php/118-ee74d99a