猫物語(白)

遅くなりましたが、購入して読みました。

問題は黒を覚えていないところだ。

黒の話がわからなすぎて、あららぎさんが何をしているか、というのが黒なんじゃないかと思うんだが、違うか。いや、どうだったか……




あ、ネタバレ含みます



なんか最初の吸血鬼狩り三人の一体は黒で出てきたようなー。

まあいいや。

とりあえず、ずっと羽川だとは思わなかった。
章転換で変わると思った。実際最初違和感あって、ぺらぺらめくったら、一人称が「俺」になってたから、変わるなって思ったけど、よく考えたら一貫して「僕」だった。

というのがあったから、いつ出てくるかという謎の緊張感もあった。

鳥肌たった。さすが主人公補正。

次回作は八九寺でしたっけ?

そっちの伏線というか、時系列合わせかな。
でもうまい具合に登場人物出す。
この時系列でやるなら、次巻はがはらさんと羽川は出てこないのかな。

最後はもう少し、家族との蟠りをなくしてほしかったが、設定が崩れるのか、続きが書きにくくなるのか。

というか、この感じだと、羽川は八九寺にもう会えないんじゃないか。

個人的には、最終的に暦、忍のようにブラックが側近的になると思ったが、消したのか。

これを読むとなんだかあららぎさんがメメみたいに専門家になるフラグ。

エンヴィー好きはがはらさんだったはずだが、羽川はキンブリーだろ。

いつも思うが、この作品は一から読まないとわからないね。

当然のように前作以前の会話やら設定が引き継がれるから、一応説明はあるが、詳しくはないし。

まあ。

で改行出来るのがすげえよなー
スポンサーサイト
category
Book

Comment

Trackback

http://darkinvitation.blog101.fc2.com/tb.php/295-143cf9d7