魔法先生ネギま! 355時間目 ―3-Aよ永遠に―

9年間の感謝を込めた最終回!!!

最終話です。
高校の時から集め始めたから少し遅いのですが、それでも初めて第1刷発行を買ったのが10巻の2005年5月17日だから最終巻で7年ですね。
そういう作品が終わってしまうのは、寂しいものです。
(これ鋼の錬金術師の時も書いた気がする)

センターカラー
Cの最後はネギとゆえ。当然のようにゆえは全裸。
ネギは普通に成長するんだな。

パイオ・ツゥさんは常習だったようです。

なんか知らないけど、ネギが超有名人になってるな。

同窓会らしい。最終回は同窓会らしい。

のどかはかなり変わったけど、他はあんまり変わらないね。特徴残して成長させるのがうまいと今更ながら。
ハルナとか何処かで見たことある先生みたいになってるけど。

紅き翼も来た。普通に座ってるナギ。
いえいえ、過程は? 
そもそも7年後なわけだが、純粋な人間である近衛父がまったく変わっていない。
他は人外だからいいけど。

ナギ「女ばっかじゃねーか」
ネギ「女子高だから仕方ないじゃないですか」
女子校? それとも映画同様ネギも高校に行ったの? そんな暇なかったと思うけど。

ゆえの戦いを見ていたのに誰も助けに行かない紅き翼。
ピンチになったのは元を辿ればラカンのせいなんだけどな。

エヴァが戦い方がぼーやそっくりとか言うから先週号を掘り出すことに。
雷系と遅延の使い方ってことかな。それ以外は特に似ているとは・・・
足払いからゼロ距離暴風とか2Dから波動×2+Cとかで簡単に出来そうだからゲーム化。

最近出来たまだ秘密の場所にしては意外と混んでる。
夏美ちゃんの行動力がやばい。
柿崎さんの逆光源氏失敗。
双子が結婚しとる。しかも18で同時にとか。

ナギとネギの髪質が似すぎ。
顔も似てるが。

千雨さんは7年間一貫して伊達メガネをしてきたんだな。

ナギ開放の経緯がまったく説明されないようです。
ただ一人の力でなく31人の力ということです。

まさかの

―CAST-

最後だから全部やりますよ。
これは最終回の同窓会から更に数年後って感じですね。

出てきた順に出席番号のみ。名前は省略 /以降は個人的な感想


1.なんだかんだで開放されるって・・・朝倉のスタンドになったらしい。
/サポートキャラのサポートと幽霊らしい位置だったが、最後のほうは地味ながらも存在感があった。

3.フリージャーナリストでベストセラー生むってすごいな。 
/結局、最初のほうから魔法を知ったにも関わらず、これといったエピソードは無かった。

2.母と同じ職についたらしい。後ろに脱げ先輩とメイがいることからその二人も同様でしょう。えーじぇんと。 
/根強いファンがいたことは確か。

27.技術開発部とは意外。休みは遺跡探索して仕事終わりはゆえの助手。重力の関係で胸がryらしい。
/最初の設定とはかなり成長したキャラだと思う。恥ずかしさが一切なくなってる。

4.開発部の事務なのかな? 初恋に破れたもの同士ということで本命はゆえでものどかでもない。重力の関係で胸がryらしい。
/華があるキャラじゃないけど、特徴があって良かった。人気も上がったしね。もうちょい強くしても面白かったと思う。

14.一代一身で稼いだ額がクラス1って龍宮とか五月、超よりすごいってことか。ちゃおぱおずは一身ではないのか。一番金持ってるやつの下にいるカモ君。お前、ネギのところにいろよ。BLでそこまで儲けるって不可能じゃね?
/最終決戦時、なんでこんなに動かせるんだってくらいのパイロットだった。それくらいか。

15.コツコツ貯めたへそくりで宇宙船を買える刹那さん。なんか結婚してる。相手誰だよ!と思った。
/話上のメインであり、戦闘要員という重要な位置だった。丸くなっていく描写も他と違ってしっかり描かれて優遇されてた。

13.ネギが救えない人を救ってるらしい。刹那さんが月詠にストーキングされてるのを助けてるってすごくね? 結婚はこのせつ歓喜と思われる。
/メインであるが、徹底したサポートキャラだった気がする。木乃香メインって意外と少ないしね。

12.まだ麻帆良にいるらしい。くそ忙しいはずなのに正月に手合わせするネギすげえ
/強いけど、他が更に強すぎて完全な戦闘要員って感じじゃなかった気がする。

20.旅人とか憧れる。アーティファクトを首に巻いていたら某元日本代表サッカー選手を思わせる
/実際、このキャラが一番やばい。我流の修行するだけで強くなりすぎ。

16.体育教師。一番普通なんじゃないか? 成長してからの声当てたらほっちゃんほわーって言っちゃう。
/ドタバタラブコメが途中で戦闘メインになったが、最後までぶれなかった。

6.史上初のエレベータガールらしい。なんか知らないけど超エリートになってる。
/いいやつだけど、他が謎過ぎて何やってもすごいような気がする。

5.背中の傷が完全に消えたらしい。これに関するエピソード0だったね。木乃香に憧れてるといっても追い越すことは不可能。
/背中の傷・・・

22.23.最後まで二人だった。もうツリ目とたれ目で検討が着かないから髪型で当てるしかない。一番メルヘンなオチ。
/最後まで不遇だった。

30.中国留学はいらないんじゃね?と思った。なんか鼻の下に黒い点あるんだけど、印刷的なもの? 五月にこんなホクロあったかな?
/随所に出てきて良いこと言ったわりにピックアップされなかったキャラ。エヴァが認めてるのに・・・

9.一時期手薄になった麻帆良をゆえと守ってたらしい。狙われてたんか。他にもくーとかいただろうに
/何処にでもいて何処にもいないような、そんな感じ

25.ガチ引きこもりのネット廃人とか・・・ISSADA特別顧問ってもしかして一番偉いんじゃね?
/アーティファクトがご都合だったけど、最終的には一番良い役目を貰ったキャラだと思う。

24.ネギの計画を可能にしたのはやはりハカセだったようだ。その点考えて一番の功績。
/茶々丸以外何を作っていたんだろうか?

10.ネギの秘書をした後にプロトタイプになったのかな? まあ、ロボットだし。
/最初はかなりロボだったけど、ネギに感情抱きだして面白いキャラになっていた。

18.半魔族でも長命らしい。実はいいんちょより長く生きてたんじゃないか?
/最後まで明確な目的が出なかったね。孤児がなんたらというストーリーも無かったし。本当だろうけど。

26.登校地獄を解いたのはネギではなくナギだったようだ。思い人とどうなったかはまた別の物語←フラグ?
/最強だけど、それに頼ったところがあんまり無かった。結構戦闘もしたけど、ずっと手を抜いていたんだろうな。

31.姉と一緒にどっかいったらしい。
/しゃべるのが遅すぎた。

11.公務員とか普通だけど、エレベータ関係である。小太郎に未練があるようだ。
/実は一番特徴が無いんじゃないかと考えてしまった。

7.コンシェルジュってそれなりに経験無いと無理じゃね? 
/最後のイベントで良いキャラが光った。声優的にもっと活躍しても良かった。

17.本気出したらやばいらしい。もうベガスとか行けよ・・・
/観がストーリーを左右することはあまりなかったが、メインだったら面白かったかも。

21.明らかに官僚になれるのに、保育士になるところが流石。なんか老け方が半端じゃない。
/ストーリーにもっと絡んでたらアキラ同様、なんでもアリなキャラになってそうだった。意外な力とかスピードとか。

28.理想の結末である。この姿描かれると、さっきのくぎみーが可哀相だが仕方ない。魔法世界に単身?で乗り込んでいくところ、相当の実力を身につけたのではないかと思われる。大体アーティファクトで乗り切ったらしいが。しかし、あの夏以上の冒険とは、一体どんな試練なんだろうか。世界を救う以上の冒険なんてそうそう無いのに。ドレスの皺かなんかで「素直になれなかった三人(ふたり)」に見えるのが残念。友人たちから惜しみない歓迎を受けるが、背景はパワーポイントみたいな人。
/最後まで夏美を押してみたが、普通のキャラっていう設定が好きなんですよね。そういう普通のキャラが有り得ない抗争に巻き込まれて、生長していく過程が面白いって言うのもある。後、これは結果ですが、ネギがメインのラブコメという中、一人(くぎみーは置いておいて)だけ、違う人物に行くというところ。結果が見えてるとは言わないけど、その分他のキャラと違って解りきっているというか、可能性が高いから応援したくなる。魔法世界で夏美がいなかったら小太郎をここまで押していくことはできなかったと思うし、逆もまた然り。人気はそこまで高くなかったけど、魔法世界編の区切りで最初にスポット当てられたり、学園祭編の後日談に丸々一話貰ったりと、最終的に人気投票で上位だったアキラと同じような扱いを受けていて、話の切り替えや区切りに使いやすいキャラだったのではないかと思われる。

29.まき絵同様、最初から一貫して安定していた。
/お嬢様キャラで、学園祭イベントとかナギの情報とかそういうどうしようもないことを強引に変えるという面で重要なキャラだったと思う。ただ、ネギに対する愛情が深い割りに、絶対結ばれないだろという代名詞であったことは否めない。

8.なんかもうよくわかんねえ。魔法世界最後の王族だから、両世界の平和の象徴になったらしい。
/どっかで正ヒロインは明日菜というのを読んでそればかり気になった。このキャラクターを最初から仕上げていたのなら流石としか言いようが無い。最初はかなり重要だったけど、魔法世界編で空気となり、最後にまた重要なキャラに戻った。話しの流れ的に仕方ないけど、魔法世界編初期と捕らわれてからの扱いは最初の頃に比べてひどかった。

19.自分の世界を平和にするために移動し続けているらしい。もうカシオペア壊れないんだろうな。
/途中でいなくなったけど、魔法世界編でいたらメインになっていたと思う。なんでもアリを実現させた一人。いなくなる前、学園祭編では敵だったが根強い印象を残した。いくら未来人とはいえ、頭良すぎるだろ・・・

途中から雑になった気がするが仕方ない。

話戻る

みんな呼んで同窓会しようよ!とか言い出したんだけど、今やってるのは白き翼だけだっけ。

7年後には魔法世界と現実世界の電話は一般人でも可能らしい。前はハッキングとかしてたからなあ。

がんばれよ諦めんなよ とか・・・

ゆーなの誘いは断るけどネギの誘いは受ける明日菜さん。
最後の台詞は木乃香さんでした。


わずかな勇気が本当の魔法
少年少女よ大志を抱け
その一歩が世界を変える
(True magic results from courage of the heart
Boys and girls be ambitious
One stop can change the world)


最後のコマはアーティファクトと武器の集合図。
キャラクターじゃなくてこっちかー。
闇の魔法の巻物やハカセの工具?まであるけど、全員を象徴しているわけではないようですね。
それでも感極まる一枚絵でした。

Finis. 9年間のご愛読と応援、本当にありがとうございました。

色んなキャラクターが登場したけど、最後は31人ということで最終回に相応しい出来だったと思います。
結構吹っ飛ばしている部分もあるけど、最後に成長した全員を見れたし、その後どうなったかというのもわかって、それはそれでよかった。ネギは無かったけど。

とりあえず、飛ばしたところは番外編をやっていただきたいのは確かなんですけどね。

赤松先生の次回作にご期待くださいが無かったことは、専属契約を切ったことに関係してるのかな?
それともJコミで本気出すから描く予定はないのかな?
ラブひなから一年後にネギま始めたから早くても1年後だろうけど、また描くならまた集めますけどね。

本当にお疲れ様でした。


作者やスタッフはもちろんのこと、声優やアニメ関係者、また実写の方々と様々な人々が関わった作品なので、お疲れ様ですと思う人も多いと思いますが、毎週楽しみにしていた読者の一人としてもお疲れ様と言いたくなりますね。

----------

後、関係ないけど絶望も終わるらしいですね。これについて赤松先生もツイッターで呟いていたな。
自分の作品の最終回に人の作品を気にしていくところも流石の関係。
終わったそして終わるからといって盛大になんかやらかしてきそうな予感。

やはり最後は巻頭カラーがよかったけど、君町が三話だから仕方ないか……

最終巻の発売日は5月17日。限定版は無いようです。
アニメも劇場版でFinalと付けたし、その日で本当に最後となると思います。
とりあえず、最終巻でまた読み直して、色々書けたらいいなと思います。





人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
category
Negima
genre
アニメ・コミック
theme
魔法先生ネギま!

Comment

Trackback

http://darkinvitation.blog101.fc2.com/tb.php/470-461f5e2b

ネギま!関連サイト巡回(2012/03/14)

■「Invitation~ぼくのブログへいらっしゃい~」さん「魔法先生ネギま! 355時間目 ―3-Aよ永遠に―」 Invitation~ぼくのブログへいらっしゃい~ 魔法先生ネギま! 355時間目 ―3-Aよ永遠に― 『色んなキ...
  • 2012⁄03⁄14(水)
  • 21:41
  • ネギま!部屋(楊さんのページ別館)